ペヤングとの戦いの日々

2017.03.24.00:17

みにら、です。

ちょっと余所から記事アップです。

最近シリーズ化していきそうなペヤングの焼きそば。
今回は「納豆」です。
image1 2

そもそもペヤングはパッケージからして極めて挑発的なのです。
結構遅い時間に台所でごそごそと。。。
女房は呆れ顔です。

image2 2
正直言ってすごい臭いがします。
「納豆はくさい」という人の気持ちがこれほどまでにわかる臭いはありません。
はっきり言っておっさんが一日中履いた後の靴下、もしくは蒸れた足の裏の臭いでしょうか。

ネバネバです。
みにら、にとってはこれはちょっとパスかな。

23日は「あほう」の祥月命日でした。丸3年が経ちました。
思い出しても、やはり「あほうめ」と言ってしまいます。

草山和歌集

2017.03.19.22:16

みにら、です。

なんか最近やたら更新をし始めました。
なぜなんでしょう???

朝日新聞の一面に「草山和歌集」の訓読解説書が勉誠出版から出たというのが載ってました。

「草山和歌集」は江戸時代の日蓮宗僧侶・元政の作です。
みにら、この「草山集」は高校生のときから大事にとってあるのです。
実家の蔵の中で偶然見つけたんです。
17361746_756065694550921_1163086648263969467_n.jpg

以来ずっとみにら、の書棚に保管しておりました。
先日枚方市尊延寺の新事業所の落慶式の折にいただいた祝辞に、たまたま「草山集」の話があったんです。庭の竹林を見ながら深草・元政の「草山集」が浮かんだとおっしゃるんです。
みにら、持ってるんだけどね。
17309029_756065691217588_4535933562805583376_n.jpg

17361536_756065697884254_83249793188692790_n.jpg
昭和2年の4月に平楽寺書店から発行されてるんです。

この一冊を所有してる人は少ないと思いますよ。
みにら、は実家からこちらに移るときも、この本は大事に持ってきました。
万葉集や古今集を得意にしているのですが、なぜかこの和歌集だけは大事にしてました。万葉集の全集は実家に置いてきてますもん。

17361508_756065737884250_4977407845285334128_n.jpg
きっと祖父の蔵書だと思います。
大事にしていきます。

死ぬほど辛い!

2017.03.19.00:10

みにら、です。

こんばんは。

みにら、アレルギー性の気管支炎の持病があるのですが、重篤化してきまして・・・
はぁ・・・

肺にカテーテルを通すか、抗体を植え付ける注射を打つか・・・
何れにしてもかなりの決断を迫られてます。

13日の夜に容態が悪化しまして、救急で病院に運ばれました。
それからずっと病院の往復です。ほぼ病院に滞在してます。昨日は超強烈な点滴を受けました。これでまぁ3日間は大丈夫だそうです。アレルギー性の気管支喘息って怖いんです。どこで地雷を踏むかわからない恐怖です。発作が起こればアウトです。ほんまに息ができなくなります。

みにら、辛いです。
そして昨日、ついに「お酒は当分ダメです。アレルギー反応しますよ」と告げられました。
みにら、からお酒を取るとどうなるのでしょう???
死にそうなくらいに辛いです。

自棄っぱちになりました。
DSCN5942.jpg
ペヤングの激辛やきそば。

死ぬほど辛いです。

DSCN5943.jpg
ビールではありません。
Asahiのdry zeroのブラックです。
黒ビールを飲んでる感覚にはなります。
そこまでしてまで・・・という思いもありますが、それにしてもペヤングの超激辛、半端ではありません。

最近読んでる作家

2017.03.17.23:26

みにら、です。

彼岸の入り日ですね。
お彼岸って日本特有の宗教行事なんですよね。

そもそも「彼岸」は「日願」でもありますので、太陽信仰・精霊信仰から先祖供養に入りやすかったのでしょうね。
みにら、が拝読する「法華経」というお経には「以慈修身 善入佛慧 到於彼岸」とあります。慈=慈しみとは究極の思いやりなのでしょう。
思いやりは思い遣りと書きます。思いを遣わすことですよね。
相手があってこそ、自分の自覚が生まれますからね。思い遣りって、本当に大事なんでしょうね。

さてさて、みにら、本を読むのが好きです。実はお酒を飲むよりも、焼き鳥を食べるよりも読書が好きです。
でも残念なことに「小説」が多いです。
みにら、が本を読むのは文章表現を勉強したいからです。

最近というか、みにら、が好きな作家は
1、宮城谷昌光氏
2、葉室 麟氏
3、上田 秀人氏
です。
文章表現力は宮城谷さんが群を抜いているように思います。やはり直木賞作家は文章表現に優れているように感じます。
葉室麟さんは読みやすい。そして何よりも思いが引き込まれていく。
上田秀人さんのは正直言って上記二氏よりもはるかに格下。しかし展開がスピーディーだし、よくここまで調べてるなぁと感心します。でもちょっと構想が・・・荒唐無稽。楽しんで読む一冊としては良いですよ。新幹線の移動で新大阪〜品川間で一冊読み切れ・・・ないか。新大阪〜鹿児島中央までなら読み切れるけどね。シリーズ物が多いのもこの人の特色かな。

ekワゴンの燃費

2017.03.16.21:59

みにら、です。

今月9日に購入したekワゴンですが、今日初めての燃費の満タン計測になりました。

正直言って6年落ちの中古車だし、3ATだし、前の所有者は法人所有なので燃費は13〜14km/L行けば良いと思っていたんです。もちろんできれば15km/Lくらい行けば言うことなしです。

378.8km走行して満タン給油量は20.2L。
ということは18km/Lを超えてます!

image8.jpg

なかなかやるやんか。
高速や大阪市内、阪奈道路や山道、渋滞路を走りましたから結構アベレージな状態での使用です。

これはひょっとすると掘り出し物かもしれません。
  かうんたー
みにら、のこと

みにら、

Author:みにら、
みにら、です。
「知命」を過ぎましたが、いまだに「天命」を知りません。
ええ歳こいて、あっちにいったり、こっちにいったり・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる