とりあえず床の間、現状報告

2017.04.28.22:29

みにら、です。

枚方市尊延寺の事業所で取り掛かり始めた「床の間」ですが、とりあえず現状報告をしておきます。
杉の一枚板の大きさですが、910mm×200mm×18mmです。

400番の紙やすりをかけて、オイルステインの欅色を3回塗りしました。その後ニスを2度塗りしてます。
DSCN6127.jpg

敷板だけでもなんとかなるのですが、やはり床の間ではありません。
掛け軸や陶器でそれらしくなっても、そこまでです。
18057163_776425665848257_3903722084454471203_n.jpg

モダン床の間という呼称があるのですかね。最近はかなりオシャレな「床の間」が見受けられます。
それはそれで「フェイクな床の間」あるいは「なんちゃって床の間」として有りなのかもしれませんが、みにら、はやはりできるだけ頑張りたいのです。
せめて床框(とこがまち)くらいはつけて、置床まではもっていきたいなぁ。
実は床の間にはいろんな形があるんですが、最も簡素な床の間は「織部床」いわゆる壁床があるんです。
これは最初からそのように設えていきますから、あとから「織部床」なんてちょっと難しい。(みにら、か好きですけどね)

さて、ダイニング兼リビングのカウンター下の空間に収納ボックスを増設しました。
今まで一つというか一組だったんです。
17992161_776425705848253_929124781908084099_n.jpg

この画像からは分かりませんが、電話やファックス、インターネットのコードが丸見えです。これも隠したいので。
17991964_776425685848255_1290293108474627530_n.jpg

久しぶりにDIYです。
18056702_776425702514920_5337629058086323241_n.jpg

頑張る〜
みにら、頑張る〜

18056668_776425725848251_1724779280944389958_n.jpg
ほれ、こんな感じになりました。

ご褒美いただきました。
18034001_776425732514917_4436061143910476799_n.jpg

石切にある「シェ・青谷」さんのクリームシフォンケーキ。
抹茶でいただきます。
スポンサーサイト

床の間を作ろう!DIY! その3

2017.04.03.21:40

みにら、です。

やるぞぉ!
と、こそこそ取り掛かり始めました。
古材が手に入りませんでしたので、杉板で床の間を作ります。
DSCN6087.jpg

オイルステインとニス、紙やすりは400番です。

DSCN6084.jpg
まずは紙やすりで丁寧に表面を磨くように下処理していきます。
手がだるくなりました。

17629959_763610123796478_3316824583126759085_n.jpg
作業は縁側で行います。
室内ではニオイがこもって「あほあほ状態」になるかもヽ(´∀`)ノ

17630031_763610120463145_1353577723264523849_n.jpg
1回目の塗装終了。ムラがでないように布で塗料を均等にするんです。
オイルステインは「欅色」を選択しました。
乾燥するのを待って作業を繰り返します。今回のは3回塗ります。

DSCN6127.jpg
とりあえず3回塗り終了です。
このあとニスを塗ります。とりあえず床板はそれで完成です。

床の間を作ろう!DIY! その2 資材調達

2017.04.01.01:07

みにら、です。

FBでは遠大なる計画を実行し、今日4月1日に合わせたおバカさん日記を書き続けています。
みにら、FBではいま大阪にはいないんです。今日は宮城県の鳴子温泉ですな。

さて、この前に思いついた「DIYで床の間を作ろう」という計画ですが、シンプルに敷板だけで床の間を作る方法もあるんです。和室にはいろんな細かいルールがあります。
そんなことどうでもいいやんという思いもありますが、そういうことは和室の成り立ちと意味をしっかりと学んだ上で考えようと思います。簡易とはいえ床の間にはコスモがないといけません。
置床も考えられますね。
そんなことで古材が手に入りやすい信楽に行ってきました。みにら、今日は大阪にはおりませんでした。

まずは先日のイメージの続きです。
DSCN5974.jpg
壺を置いてみました。
敷板に使用しているのは杉板です。厚さは18mmあります。もう少し拡大しますね。
IMG_1444.jpg
こんな感じです。
やはり信楽に行ってきます。

信楽到着は正午すぎでした。
腹が減っては戦になりませんので、まずは昼ごはんです。
みにら、夫婦の定番。牛石さんです。
IMG_1428.jpg
女房は「牛石弁当」です。驚いたことに彼女は牛石さんではビーフシチューと牛石弁当以外は食べたことがないらしいです。

IMG_1430.jpg
みにら、はハンバーグ定食です。
ここのハンバーグはみにら、の中ではNo.1なんです。

さて、お次はパンを購入します。
「暦」さんという最近オープンされたお店です。
IMG_1434.jpg
食パンが美味しいと評判のお店です。

IMG_1436.jpg

IMG_1435.jpg
でも、他にもたくさんのパンがあります。
ついつい多めに買ってしまいます。

ん?資材を買うんだっけ・・・
忘れてた。

ということで大小屋さんはじめ何軒か回ったのですが、気に入ったものが見つからず・・・
茶のみ櫓さんに立ち寄って松井山手に戻りました。
何しに行ったのやら・・・

ホームセンタームサシで、資材を購入。
この話は次回。きょうはここまでです。

床の間作ろう!DIY!

2017.03.26.18:58

みにら、です。

シャバに復帰しました。
まぁ管ですからねぇ、少々進行していてもなんとかなるさと軽〜くながしておきます。
もちろんアルコールは厳に慎みます。まだ命が惜しいもん。

枚方市尊延寺の新しい事業所ですが、2室ある和室には床の間がありません。
奥の部屋には押入れが2つあって、掃き出し窓と普通の窓があります。
DSCN5972.jpg
この部屋には床の間スペースがないですね。

ということはこっちの部屋ですねぇ。
DSCN5971.jpg
屋根裏への収納階段のある部屋です。
しかも予算の都合上、DKとの境に扉をつけれなかった部屋です。

床の間といっても本格的なものは無理ですから、簡易床の間です。
ほんまに簡易床の間ですよ。

とりあえずイメージとして設置してみました。
DSCN5974.jpg
これから少し考えていきます。
イメージとしての落ち着きはいいんですけどね。

予告!

2017.01.13.23:47

みにら、です。

もう一月も半分です。
早いです。50歳を過ぎると、残りの時間が気になってまいります。
そうすると、みにら、よりもずっと残された時間が短いと思われる義父母のそばに、少しでも居れる時間が大事に感じてまいります。

そんなこんなで、みにら、正月はかなり忙しいお仕事柄なのですが、ぐぅ〜〜〜〜〜〜〜〜っと頑張って、5日から10日まで鹿児島県南九州市の女房の実家に同伴帰省しておりました(同伴帰省って言わないよねぇ。帰省に同伴?)

目的もありました。
・薩摩一ノ宮・大隈一ノ宮への参拝。
・真田幸村伝説への追慕
・女房の友人たちとの飲み会

新幹線+在来線で帰省です。
DSCN5745.jpg

グルメな情報ももちろん大事。
DSCN5746.jpg

山道を歩く!
そしてその先にあるものは?
DSCN5768.jpg

まもなく公開!
乞うご期待!
  かうんたー
みにら、のこと

みにら、

Author:みにら、
みにら、です。
「知命」を過ぎましたが、いまだに「天命」を知りません。
ええ歳こいて、あっちにいったり、こっちにいったり・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる